アブセックNews!

<< April 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アブセッククラブ2006.04.27

※ アブセッククラブ ※

【4月27日】「話題」サイボウズの使い方・・・樋口豊さん
      ・第4木曜日(4月27日) 担当 樋口豊 

話題概要: サイボウズを使い始めて、2年が経過しましたが、連絡手段として、まだ充分に運用できないでいます。しかしながら、最近の迷惑メールの増加を勘案して、本格的により安全なサイボウズをもっと有効に、使うことを考え、今回の「サイボウズの使い方」をアブセッククラブで取上げました。
上尾商工会議所のサイボウズをご担当されている石田さんから、サイボウズの社内メール、掲示板、スケジュール、ファイル管理、個人ホルダーなどの使い方を教えて頂きました。
アブセックの会員でサイボウズ登録を済ませておられない方は早急に登録お願いします。
登録の仕方は、木室さんに、氏名とPASS WORDを連絡すれば完了です。アブセックは商工会議所と同じサーバを使用していることからアブセック会員は下記に点に注意をお願いします。

アブセックの会員は商工会議所のサイトに絶対に入らないでください。
アブセックの会員は「設備予約」を絶対にしないでください。
社内メールに添付する写真のサイズは100KB前後に縮小して添付をお願いします。
スケジュールの登録では、アブセックの活動に関連するものは、アブセックを参加者にして、登録ください。「グループ週表示」を見るとアブセックの欄があり、活動状況を見ることが出来ます。
掲示板に掲示されたもので、あまりに古いものは、掲示した人が削除お願いします。
写真をもった掲示は大きいので、特に、削除を心がけてください。

平成18年7月1日から週報はサイボウズのみでの、配信を考えています。この機会に充分に勉強お願い致します。尚、今回ご出席できなかった方々はアブセッククラブでも説明いたしますし、取説はアブセック事務局に準備してありますので、お立ち寄りください。

木室さんから「竹とんぼクラブ」を創設して、子供たちと遊びたいとのお考えから、「竹とんぼ教室リーダ実技講座」を受講され、その楽しみ方を披露していただきました。
これから、賛同者を集めて、「竹とんぼクラブ」を創設されますので、賛同者は木室さんと連絡を取り合って、「竹とんぼクラブ」創設に、ご協力をお願い致します。
以上
- | -

アブセッククラブ2006.04.18

※ アブセッククラブ ※

【4月18日】「話題」デジタルカメラを楽しむ・・・中澤正雄さん
      ・第3火曜日(4月18日) 担当 定木直人   
      
 中澤さんには以前デジタルカメラの仕組みについて説明して頂きましたが、今回はパソコンに取り込んだ写真の画像サイズの変更についての解説でした。
デジタルカメラで撮った写真を扱う場合、どのくらいのデータ規模の画像を扱っているか意識することが大事で、うっかり思わぬ大きなデータ量をメールに添付して迷惑をかけることがあります。

画像を小さくするには・・・
 _菫任凌瑤鮓困蕕
 符号化方法を簡略化する
 I要な部分を切り抜く(トリミング)
 げ萍棉充┐鮠さくする方法

がありますが、このうち 銑は元の画像を変えていますから、元のデータを保存するかどうか注意が必要です。

い聾かけ上画面は小さくなっていてもデータ量は同じ。
画像処理ソフトはペイント、Photodraw、Photoshop 
Elementsなどパソコンに組み込まれているものや市販の物がありますが、
それぞれ似たような機能があります。その他インターネット上やデジカメを購入する際に添付されてくるCDにも同様なソフトがあります。
いろいろ試して上手な画像編集を検討されてはいかが。

なお、画像処理上疑問が生じた場合、中澤さんにメールにて問い合わせてくださいとのことでした。
- | -

アブセック ゴルフクラブ2006.4.15

  ※ アブセック ゴルフクラブ2006.4.15 ※

第5回アブセックゴルフ大会は、春風さわやかな日和の中、ゲスト並びに
アブセック会員の計14名が参加されました。
日ごろの運動不足の解消とあわせて会員相互の親睦が図られ、楽しい1日と
なりました。
次回(第6回)は、9月9日(土)を予定しています。
多くの会員の参加を期待しております。
成績は以下のとおりです。
       
     記

 開 催 日: 平成18年4月15日(土)
 場  所: 吉見ゴルフ場
 競技方法: 18ホールストロークプレー、新ぺリア方式

 成  績(氏名敬称略)
順位   氏 名     スコア         ハンディ ネット その他
             西   中  グロス
1    大澤 正夫   41   42   83    12.0  71.0  ベスグロ、NP
2    三井田 晴宏  49   47   96    24.0  72.0
3    川崎 征雄   47   47   94    21.6  72.4
4    真浦 正幸   43   46   89    15.6  73.4  NP
5    比田井 敏明  44   43   87    13.2  73.8
6    有野 忠良   41   45   86    12.0  74.0  NP
7    村岡 武仁   55   52   107    31.2  75.8
8    太田 篤實   45   49   94    18.0  76.0
9    芦部 和幸   48   48   96    19.2  76.8
10    奥村 英輔   53   50   103    25.2  77.8
11    中西 光明   54   51   105    26.4  78.6
12    奥田 昭    54   57   111    32.4  78.6
13    佐藤 長司   50   50   100    19.2  80.8
14    小谷 仁    46   52   98    15.6  82.4  NP
                                   NP:ニアピン

ゴルフ2006.04.15
- | -

アブセッククラブ2006.04.13

※ アブセッククラブ ※

【4月13日】「話題」パソコンの安全対策・・・石田浩さん
                       木室進市さん
      ・第2木曜日(4月13日) 担当 矢崎仁一
      
商工会議所の石田さんから、会議所の27台のパソコンに関するウイルス対策の現状とウイルス添付メールの入信状況について説明があり、石田さん、木室さんからウイルス対策の本論が説明されました。

商工会議所では27台の一括管理をウイルスバスターで対策をしているが、例えば、本日は2名のパソコンにウイルスが侵入したことをバスターは報告している。
ウイルスは種類によって、その対策はことなりるが、大きくとらえて、.錙璽犒拭↓▲肇蹈い量敘老燭裡下鑪爐ほとんどである。
「ウイルス対策の10ヶ条」・・・今日からこれを必ず、実行して下さい。

1.ウイルス対策ソフトの導入と常時監視を実行する。
2.ウイルスパターンファイルを常に最新状態にする。
3.週1回はウイルスチェック(ウイルスキャン)を行う。
4.添付ファイルはむやみにあけない。Mailに添付したファイル数を知らせておくと良い。
5.FPなどでデータ交換する場合は、事前にウイルスチェックを行うこと。
6.最新のセキュリテイーパッチを適用する。
7.最新のウイルス情報を収集する。
8.ウイルスの侵入兆候を見逃さない。
9.重要な作成データはかならずバックアップしておくこと
10.利用しているブロバイダのセキュリテイーサービス活用する。

ウイルスはメールに添付されるものが90%以上と結われているので、ブロバイダーのサービスか、ウイルス対策ソフトを購入するかをして、ウイルス添付メールをブロックしてください。

残り10%のインターネットから侵入するウイルス(不正アクセス)は、
ファイアウォールでブロックします。
これも上記と同様な方法で対応できます。

それでも、パソコンに侵入する場合もありますので、週に1回はウイルスチェックを行い、ウイルスが自分のパソコンに侵入していないことを確認してください。ほとんどのブロバイダーにはセキュリテイサービスがありますので、これを有効に活用することをお勧めします。
ウイニィの説明もありましたが、アブセックの会員では使用している人がいませんので、本文では省略しました。

「追記」
今回のパソコンの安全対策を聞くことが出来なかった方々で資料のご入用な方はアブセック事務局に都合の良いときにお寄りいただければ差し上げることが出来ますので、ぜひ、この機会にウイルスの勉強をお願い致します。
また、出来るだけ早急に、サイボウズに切り替えたいと考えていますので、4月27日の「サイボウズの使い方」の説明会にも参加頂けるように、お願い致します。
- | -

FPフォーラム 2006

  ※ FPフォーラム ※

FPフォーラムは予定どうり、4月8日に上尾文化センターで行われました。
アブセックの有志はミーティングで、PF協会の方々に紹介され、準備が始まりました。

アブセックの”経営相談室”の会場を設営し、杉山経営相談室長を中心に
相談会をOPENしました。

また、多くのセミナーが開かれ、アブセック会員も聴講しました。
読売新聞2006.4.9にも報道されましたのでご紹介します。
ありがとうございました。

FPフオーラム2006
- | -

自然観察会・熊谷さくら堤・さくらハイキング

自然観察会・熊谷さくら堤・さくらハイキング

大麻生駅を降り立つとまずはさくら並木を背景にした驀進するSLの撮影。
丁度我々の到着から10分後にC58に引っ張られた特別列車が通過した。
大勢のSL愛好家が乗った列車を同じく愛好家のカメラの放列が待ちうける。
あっという間のタイミングならではのシャッターチャンスを狙った怒号が飛び交う。
こうしてさくらハイキングがスタートしました。

チョット風が強かったのですがさくらは将に満開。まだ散り初めでちらり
ほらりの絶好の花見頃でした。団体での散策グループから若いカツプル迄
皆さん花見が好きなんですね。
熊谷の桜堤は荒川沿い約2Kmにわたる花のトンネル約500本の桜が今真っ盛りでした。

参加者はつきいち会のお嬢サン方とお孫さんを含め総勢19名でした。
なかには人目もはばからず仲の良さをひけらかすお二人もいて楽しい一日でした。

参加者

花のトンネル


 日     時 : 4月9日 (日)
 集     合 : 上尾駅  9:05       秩父鉄道
 列 車 時 刻 : 上 尾 − 桶 川 − ―熊谷駅 − − 大麻生駅
           9:17 9:22  着9:44 発10:01 10:10  
 コース タイム : 大麻生駅 … 大麻生公園(野鳥の森) … 広瀬川公園
            10:20   10:50 - 11:20(散策) 11:40 -
           (昼食)12:30
           熊谷大橋 … 熊谷堤記念碑
           12:50 13:20
           (周辺は桜が満開)
           (出店及び祭りのイベントが開催されています)
- | -

アブセッククラブ2006.04.4

※ アブセッククラブ ※

【4月4日】「話題」酒に係わるエピソード・・・出席者全員
      ・第1火曜日(4月4日) 担当 鈴木泰一郎
      
今回は、初めての試みで、「酒に係わるエピソード」を出席者が話し合うことを計画してみました。
まず最初に、糖蜜の会社に出向されたご経験のある有野副会長に、ビール、焼酎、ウイスキー、ワインなどのパンフレッドを準備し、酒類についての話をして頂きました。

酒類は糖類やデンプンを酵母で分解して、アルコールを含む飲み物にしたものであること、酒は大きく分類すると醸造酒と蒸留酒になります。

醸造酒は酵母で発酵させた状態で、酵母が生きているため、発酵の進む速度で、味が変化していくので、賞味期限がある。
原料それぞれが発酵して、作られる不純物(純アルコール以外の発酵成分もの)が含まれています。

一方、蒸留酒は発酵が完了したものを蒸留して、アルコールを取り出したもので、酵母は生きていないし、上記の不純物が無くなっていますので、体内での分解が早く、二日酔いになりにくい酒であります。

一般的な適量はビール大瓶1〜本、清酒:1〜2合であるとのことなどの説明の後、出席者の「酒に係わるエピソード」を聞きました。

家庭で作る「ドブロク」の話、酔っ払っての失敗談、外国での珍しい酒の話がでました。
なかでも、酔っ払って、電車を乗り過ごし「富山」まで旅行した人、接待に出かけ介抱されてしまった人などの経験が披露されました。

酒は百薬の長と言われますが適量の飲酒は飲まない人より長寿であるとのデーターもありますので、適量の良いお酒で、人生を楽しみたいと思いました。
- | -

アフセッククラブ 花見 2006

※ アブセッククラブ 花見レポート ※

 3月31日11時30分から商工会議所前芝川河畔にて花見の会を開きました。
多少風はありましたがうらうらの日溜りで気持ちのいい時間を過ごしました。
メンバーは16人とお気楽会(太極拳)の15人ほど総勢30名あまりの参加で、
各自持ちよりのお酒とご馳走なかには愛妻弁当もあったりして話も弾み大いに
盛り上がって愉快で笑顔いっぱいの一時でした。

花見2006-03

花見2006-01

花見
- | -
1/1