アブセックNews!

<< April 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アブセッククラブ2006.04.13

※ アブセッククラブ ※

【4月13日】「話題」パソコンの安全対策・・・石田浩さん
                       木室進市さん
      ・第2木曜日(4月13日) 担当 矢崎仁一
      
商工会議所の石田さんから、会議所の27台のパソコンに関するウイルス対策の現状とウイルス添付メールの入信状況について説明があり、石田さん、木室さんからウイルス対策の本論が説明されました。

商工会議所では27台の一括管理をウイルスバスターで対策をしているが、例えば、本日は2名のパソコンにウイルスが侵入したことをバスターは報告している。
ウイルスは種類によって、その対策はことなりるが、大きくとらえて、.錙璽犒拭↓▲肇蹈い量敘老燭裡下鑪爐ほとんどである。
「ウイルス対策の10ヶ条」・・・今日からこれを必ず、実行して下さい。

1.ウイルス対策ソフトの導入と常時監視を実行する。
2.ウイルスパターンファイルを常に最新状態にする。
3.週1回はウイルスチェック(ウイルスキャン)を行う。
4.添付ファイルはむやみにあけない。Mailに添付したファイル数を知らせておくと良い。
5.FPなどでデータ交換する場合は、事前にウイルスチェックを行うこと。
6.最新のセキュリテイーパッチを適用する。
7.最新のウイルス情報を収集する。
8.ウイルスの侵入兆候を見逃さない。
9.重要な作成データはかならずバックアップしておくこと
10.利用しているブロバイダのセキュリテイーサービス活用する。

ウイルスはメールに添付されるものが90%以上と結われているので、ブロバイダーのサービスか、ウイルス対策ソフトを購入するかをして、ウイルス添付メールをブロックしてください。

残り10%のインターネットから侵入するウイルス(不正アクセス)は、
ファイアウォールでブロックします。
これも上記と同様な方法で対応できます。

それでも、パソコンに侵入する場合もありますので、週に1回はウイルスチェックを行い、ウイルスが自分のパソコンに侵入していないことを確認してください。ほとんどのブロバイダーにはセキュリテイサービスがありますので、これを有効に活用することをお勧めします。
ウイニィの説明もありましたが、アブセックの会員では使用している人がいませんので、本文では省略しました。

「追記」
今回のパソコンの安全対策を聞くことが出来なかった方々で資料のご入用な方はアブセック事務局に都合の良いときにお寄りいただければ差し上げることが出来ますので、ぜひ、この機会にウイルスの勉強をお願い致します。
また、出来るだけ早急に、サイボウズに切り替えたいと考えていますので、4月27日の「サイボウズの使い方」の説明会にも参加頂けるように、お願い致します。
- | -
1/1