アブセックNews!

<< October 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アブセッククラブ20061026

※ アブセッククラブ ※

【10月26日】「話題」蝶々の話・・・・・・・・・・奥田 昭さん
     ・第4木曜日 担当 矢崎仁一

 今回お話された奥田さんは、子供の頃(高校時代迄)蝶マニアで、標本箱が20箱、約120種類も集めたということです。
 今日本には240種、埼玉県には137種、上尾市には約60種位(丸山公園だけで約50種展示してある)の蝶がいる。

日本を代表する蝶、
―佞僚神  ギフチョウ  食性 えのきの樹液等
国蝶    オオムラサキ    みかん類、からたち、ヨモギ等
埼玉県の蝶 ミドリシジミ    すみれ科などの花

 天然記念物の蝶が10種類あり採集禁止になっていて、長野県では逮捕者まで出ている。又生態系は越冬するのに、卵、蛹、幼虫、蝶のままでするもの等多種多様である。

・メスは血液型のようにA型B型AB型O型があり、オスは1つの型のみである。
・蝶の世界にも温暖化現象があり、沖縄九州にしか分布していなかったものが神奈川迄来ている。(ナガサキアゲハ)

※奥田さんは現在採集はやってなくて写真を楽しむことにしているそうです。
(写蝶)
 春から秋まで公園など散策するときに気をつけて観察されると色々な蝶が見つかると思います。皆さん楽しんでください。
 (近くでは円山公園、荒川土手にいます)
- | -

日光写真撮影会20061022

 ※ 写真撮影会20061022 ※

 10月22日日光東照宮の裏山を一周と言った感じの滝尾神社までの散策路ですが、私は予想していたより10倍も素晴らしいと感じました。
 参加者は4人と少なかったのですが、簡単に行けるところなので是非行ってみることをおすすめします。(中澤記)

日光撮影会20061022
- | -

アブセッククラブ2006.10.17

※ アブセッククラブ ※

【10月17日】「話題」あげお祭りの実行計画打合せ、その他・・定木直人さん
                          広重 泰さん
     ・第3火曜日 担当 定木直人

 11月上旬に計画されている一連の商工祭りに出店する、アブセックグループ
の実行計画について細部の打合せを行った。

・あげお祭り
  アブセックブースの設営、弁当、クリーン作戦
  よろず相談  年金、ライフプラン等
  竹とんぼ、枝笛、紙飛行機
  アブセックのPR活動

・おけがわ市民祭り
  よろず相談  年金、ライフプラン等
  アブセックのPR活動

・伊奈町商工業フェアー
  アブセックのPR活動
- | -

アブセッククラブ2006.10.12

※ アブセッククラブ ※

【10月12日】「話題」ベンチャーマーケットに出席して ・・樋口豊さん
     ・第2木曜日 担当 樋口豊

 埼玉県創業支援センターの主催する「ベンチャーマーケット」に出席して、アブセックでも、このような活動に参加しての企業支援が可能ではないだろうかと、話題を提供され、アブセッククラブで議論したいとの考えで、話は進められた。
官が主催する「ベンチャーマーケット」は支援要望を求めるベンチャー企業がプレゼンを行い、民間の支援者との出会いの場である。

今回は6社の企業がプレゼンを行った。
6社のプレゼンの内容の概略説明を受けた。
プレゼンを聴講した限りでは、アブセックでも何かお手伝いが出来るのではと考え、支援手法、考え方やアブセック会員のメリットなどの小グループ活動(案)についての説明を受け、出席者が議論・討議を行った。

・アブセックで支援出来ることを箇条書きにして、その中から出来そうなことを要望する企業を選び支援したらどうか。

・経験がない分野での企業支援は難しい。

・試しに何かをやってみないと良くわからない、疑問点も多い。

 などの意見が出たが、結論としては、2〜3件ぐらいアブセッククラブで企業支援課題を見つけて、実行してみようではないかとの結論となった。
- | -

アブセック浦和レッズ応援ツアー20061007

 ※ アブセック浦和レッズ応援ツアー ※

 アブセック恒例の浦和レッズ応援ツアー。昨7日埼玉スタジアム2002へ
行って来ました。イヤー感動しました。サッカー観戦ってそこにいるだけで感動します。
応援風景が素晴らしい、やはり地元密着で一体となつていることが実感できるからなのかな。それにしてもサッカーほどホームチームとアウェーの扱いの差のあるスポーツを知りません。
発表された観客5万。
スタジアム全体ほぼ赤一色。写真に見るとおりジェフ市原の応援席はチョッピリ。

サッカー・一色

サッカー・市原席

1%位か、チョット可哀相。まずアウェーのジェフ市原のスターティングメンバーの発表。淡々と簡単にリスト表示で。
ただ巻選手の名前のときだけはブーの大合唱。
一方浦和レッズの発表は一人づつ大スクリーン一杯に紹介。
大歓声。懸ける時間もまるで違う。いいんでしょうかね。
どこでもコウなのかな。
勝負は2-0で圧勝。ガンバ大阪がまけて浦和のトップは安泰。
云うこと無し。

サッカー・勝った

ちなみにアブセック浦和レッズ応援ツアー今回で4回目ですが未だかって負けたこと無し。
勝利の女神は我にあり。前日までの大雨が嘘みたいに晴れた空を見ながら
今年の浦和レッズ優勝を確信しました。(木室記)
- | -

アブセッククラブ2006.10.03

※ アブセッククラブ ※

【10月 3日】「話題」竹とんぼクラブ活動・・・・・木室進市さん
    ・第1火曜日 担当 鈴木泰一郎

竹とんぼクラブで「上尾祭り」の準備のため、竹とんぼ、枝笛のの製作
活動を行った。
13名の参加者は無心に、童心にかえって、楽しく、製作に励みました。
上尾まつり当日には、竹とんぼ100機、枝笛50個は何とか準備
できそうな感じですが、竹とんぼは当日までに各人完成品5機の製作が
宿題になりました。
- | -
1/1