アブセックNews!

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

「シニア世代地域デビュー支援事業」にアブセックも参加 2019.2.9

 2月9日(土)「平成30年度 シニア世代地域デビュー支援事業」が、上尾市文化センター中ホールとホワイエで開催されました。これから地域デビューを考えている方や関係者約300人の市民の方が参加されました。

 第1部はホールの中で、「アブセック」「アッピー竹とんぼクラブ」「アッピーガイドの会」を含む26の市民活動団体が、活動状況などをアピールしました。

 第2部の講演会は、人気ロックグループの「ゴダイゴ」のタケカワ ユキヒデ さんによる『まだまだ、頑張ります!〜地域でのセカンドライフのために〜』の講演で、シニア世代の方に地域デビューを後押しする内容が熱く語られました。

 講演会終了後は、ホワイエに展示されている26団体の活動パネルやパンフレット・チラシによるPRが行われていて、アブセックのブースにも関心がある方が来られ応対しました。

(仙道 記)
続きを読む>>
- | -

「新春講演会」を開催 2019.1.30

1月30日 上尾商工会議所で「アブセック新春講演会」が開かれました。例年この時期 企業支援活動などの成果を報告して新年会となるのですが、今年は上尾市の現状と課題を見つめて、アブセックの新しい取り組みを検討しようと企画しました。
まず、上尾都市開発蠅両谷代表取締役専務が「上尾市の現状と課題」について述べられ、それを受け継ぐ形で宮田地域活動委員長が「地域活性化プロジェクト」の取り組み状況について説明しました。
アブセック活動15年を経過し、新たな展開をはかります。

研修会の後は場所を移して「交流会」、文化センターレストラン「花小紋」で賑やかに懇親を深めました。研修会参加者58名、交流会参加者50名でした。

(定木 記)
続きを読む>>
- | -

新春恒例の七福神巡り 2019.1.13

毎年 七福神巡りは好評で今年は45名の団体となり、東京江東区の亀戸七福神詣でとなりました。心配された雨も夜半にはあがり、すっかり晴れて風もなくおだやかな、絶好の初詣日和になりました。

総武線亀戸駅を10時頃スタート、亀戸天神を最初にお参りしてから、約2時間半かけて七福神を巡りました。約1万歩、皆さん元気に歩きました。
このように年頭にしっかり神様にお参りしておけばご利益があって、今年もきっとうまくいくに違いないと思います。

(定木 記)
続きを読む>>
- | -

「上尾シティマラソン」にアブセックが競技役員として参加 H30.11.18

11月18日 市制施行60周年記念第30回目の「上尾シティマラソン」が行われ、アブセックも例年通り10名、ボランティア競技役員として参加しました。

ボランティアの内容は、例年の完走記念のTシャツ配付ではなく、原市中学の生徒さんと一緒に 芝生グランドの選手誘導でした。
(定木 記)
続きを読む>>
- | -

上尾産業祭りに参加 H30.11.10

今年は 上尾市制施行60周年で45回目の開催とあって、産業祭りはいつになく賑やかに行われ、例年通りアブセックも よろず相談とこども遊びで参加しました。

10、11日の土、日曜は良く晴れて暖かな行楽日和となり、お祭りに大勢の人たちが訪れ、中でもアブセックの子ども遊びコーナは人だかりが出来るほどの人気で、竹とんぼクラブの先生が大汗をかいて頑張りました。

この上尾産業祭りに参加したアブセックの会員は、2日間で延べ30人くらい。子ども遊びでは、竹とんぼ260、うぐいす笛223、ガリガリとんぼ127を作り、多かった昨年をも上回る成果でした。
(定木 記)
続きを読む>>
- | -

「アブセック」と「きらり川口OB人材マッチング協議会」との合同研修会の開催 H30.10.15

「アブセック」と「きらり川口OB人材マッチング協議会」との合同研修会が、10月
15日 川口の商工会議所で行われました。年に1回程度開催していましたが今回で11回目になり アブセックから30人ほどが参加しました。

研修の内容は々岷蕾顱↓∈廼瓩粒萋鮎況そして4覿繁問。

講演会は中小企業庁、埼玉県よろず支援拠点、コーディネーターの野口満氏が「中小企業支援の現場から」のテーマで特許流通アドバイザーとして広く中小企業に普及を図る知財活動支援センターの活動状況を話されました。

次にアブセックと川口のOB人材マッチング事業の当面の活動状況が報告されました。

引き続き ミラーメーカの コミー株式会社の工場見学でしたが、ユニークなアイデアマン小宮山社長の会社の成立ち、経営方針の説明に聞き入りました。

(定木 記)
続きを読む>>
- | -

第7回「上尾の昔あそび・くらし展」にアブセック参加    H30.10.7

第7回「上尾の昔あそび・くらし展」のイベントに 今年もアブセックのアッピー竹とんぼクラブが参加しました。第3回から5回連続になります。
場所が丸山公園隣りの自然学習館ですから あまり出掛けて来るひともいないかなと思っていましたが、天候にも恵まれてか かなりのお客様が見えました。
また上尾以外の県内外の離れた所から来ている人もいてびっくりしました。

10時過ぎから3時過ぎまで 結構賑やかに対応して、70人を超えるこども達に
竹とんぼ48、うぐいす笛112、ガリガリとんぼ40ほど作りました。

(定木 記)
続きを読む>>
- | -

夏期のアブセック例会を開催 H30,8,23

8月23日午後 恒例の夏期のアブセック例会を行いました。アブセックの諸活動は上尾を中心に グループごと広範囲に展開されており、年に数回会員が一堂に集まり会員の活動状況を確認し 互いに親交を温める例会を開いています。
今回は55名の会員の参加者を得て 上尾商工会議所の会議室で研修会、引き続き隣の文化センターのレストランで 暑気払いを兼ねた交流会が行われました。

研修会は初めに ゲストの遠山正博氏の講演「日本刀の話」があり、日本刀に手を触れて見たりして興味深く聞き入りました。次いで、「企業支援活動に関する状況説明」 「アブセックの会員増強および会員活動活性化の取り組み」「地域活性化提案への取り組み」 について説明がありました。

研修会の後は会員交流会となり 大いに盛り上がりました。

(定木 記)
続きを読む>>
- | -

アフブセック自然観察会が「渡良瀬渓谷 バスハイク」開催 H30.8.19

8月19日 自然観察会恒例の年一回バスハイクで 渡良瀬渓谷 足尾銅山坑道見学に行ってきました。
この夏の連日の猛暑が、ピタリと止んで、涼しい秋風が吹く 絶好の行楽日和となりました。毎年このアブセックのバスハイクは人気で、なんと予定数オーバーの48人となり、幹事役の皆さん補助席で窮屈でした。
また幹事の工夫で、この日の行楽ルートを4つのグループに分けて企画し、トロッコ列車、ハイキング、美術館を好みで参加し楽しみました。
アブセックの集客能力もさることながらアブセックの企画に賛同してくれるファンがこれだけいるのかと感服しました。

(定木 記)
続きを読む>>
- | -

地域の子育てイベント「おおきくなったね!×大きくなってね」に アブセックも参加 2018.8.5

赤ちゃん・子どものお祭り「おおきくなったね!×大きくなってね」フェスティバル2018、という長いタイトルの子育てグループのイベントが5日上尾文化センターであり、アブセックも参加しました。
これは従来から協力してきた「彩の子ネット」のイベント「子ども夢未来フェスティバル」の関連で参加依頼があったものです。
この連日の猛暑のなか 急に持ち上がったような企画でしたが、さすがに地域の子育てグループの組織力で大勢の子どもたちとその若い親たちが集まり 盛況でした。
アブセックは「子ども夢未来」と同じように 「警備」と「子ども遊び」で参加しました。アブセック会員17人、子どもたちに対応した数は 竹とんぼ48、ガリガリとんぼ48、うぐいす笛32でした。

(定木 記)
続きを読む>>
- | -
1/59 >>