アブセックNews!

<< アブセッククラブ2006.12.14 | main | アブセッククラブ2007.01.11新年会 >>

アブセッククラブ2006.12.23

※ アブセッククラブ ※

【12月19日】「話題」上尾市の活性化について・・・出席者全員による討議
     ・第3火曜日 担当 定木直人

 話題概要:「上尾市の活性化」について参加者全員の討議により、問題点の掘掘り起しとテーマの絞込み、行政等に対する提案の方向付けなどを検討した。
まず、前回の専務理事の「上尾をいかに住みよい町にするか」の基調講演を受けて、今回矢口氏からの資料、国交省の「新しい指標によるまちの魅力度調査」、石川、芦部両氏の活性化に向けた検討の進め方に関する提案の説明があり、フリーディスカッションを行った。

 上尾市の現状の自然環境

〇圓領个隆靄楫弉茲任聾什澆領价1230ha→20年後1300ha、公園現104ha→20年後 273haとなっているが、これについて住民側からの意見を述べていく方法がある。この資料は平成13年作であるが、20年後へ向けた具体的なステップが示されてない。
街路樹の整備について、花ミズキ、猿スベリ、イチョウの並木が良い所があるかと思えば並木の大枝ををばっさり切ってしまい外観が悪い所もある。
D中は良くないが荒川の河川敷の風景は良い。昔の荒川の風景を取り戻そうと言う動きもある。今は草ぼうぼうでつる草がはびこっていて荒れ放題のところがある。
ぜ然環境が良いのが住みたい町の条件であるが、上尾と坂戸の市民意識を比べて見ると上尾の方が下回る。
ノ个遼かさが大きな要素であるが、緑が増すと上尾のまちの魅力度が増すのか疑問。
 しかも、緑は県単位で頑張らないとだめではないか。上尾市の収支の面から現在、市の借入金が834億円あり、これを年に64億円返却しているがうち13億円が金利分である。財政支出は総額492億円であるが、そのうち商工関係7.9億円、農業2.1億円でしかないし、合わせて年4億円の減となっている。これで活性化が進むのか。また、負の部分では生活保護を受けている人が9千人、介護保険を受けている人が4千人いて、なおかつ年に4百人増えている。こういう状況の中で、上尾駅改築に40億円の9割を市で負担しようとしている。高崎線を挟んで車の東西交流の便には役に立たないで、借金だけ市民に残る。

 また支出削減の矛先が妙な方に向いて、外から人の集る各種スポーツイベントや、生涯学習センタの市民委託講座などを取止めるというのはどうか。(数字は上尾市発行の「統計資料」によります)

【検討課題】
_燭箸上尾市の低い評価を上げていけないか、マイナス面の評価を議論して詰めるとよい。
△海譴ら開発の進む「上尾バイパス」、来年度からスタートする「遊休農地関連の問題」、人が来て見てくれる産業施設に特化した「観光開発」の3点を結びつけた検討課題は有望。
Lノ呂△襪泙繊活気あるまち、活性化された状態とは何か、これらについて具体的なイメージや共通認識を持たないと議論にならない。それにより、まちの将来図なり、目標が明確になるし構造的な取り組みができる。

 ◇参考資料
  「埼玉県のくらしとまちづくり」 帝国書院  平成17年2月
  「箱族の街」          新潮社   1983年7月
  「統計あげお」         上尾市
- | -