お知らせ 新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症による 会員企業への影響等に関する調査報告(令和2年7月)

投稿日:

上尾商工会議所では、新型コロナウイルス感染症の影響により、市内企業の事業活動に大きな影響が出ていることを鑑み、会員企業を対象に再度、アンケート調査を実施しました。

調査期間:令和2年7月1日~10日
調査対象:1679社
回答企業数:366社
回収率:21.8%
業種内訳
建設業 91社(24.9%)、製造業 78社(21.3%)、サービス業 77社(21.0%)
小売業 63社(17.2%)、卸売業 18社(4.9%)、飲食業1 7社(4.6%)、運輸業 9社(2.5%)
その他 13社(3.6%)

前年同月比(3・4・5月)の業績について

すべての業種の総計で、「大幅に減少した」約46%と「やや減少した」約35%を合わせると、80%以上の企業で前年より業績悪化となっています。
とくに目を引くのは飲食業で、8割以上の企業が「大幅に減少」と回答しています。次いで、卸売業の約61%、小売業の50%、製造業の約47%が大幅減少となっています。
その反面、運輸業については、最も多かった回答が「やや減少した」約56%で、大幅減少は約22%にとどまりました。ほかの業種と比較しても、減少幅が少なくなっている傾向がみられます。

本年7月以降の業績について

7月以降の業績については、全体の約8割(大幅減少:約38%、やや減少:約40% )が減少見込みと答えており、第2波の影響で活動自粛等の措置が講じられると、減少幅も増加すると思われます。
「大幅減少見込み」と「やや減少見込み」の回答を合わせると、業種別では、飲食業が約94%、卸売業と運輸業がともに約89%、製造業が約87%の順で割合が多く、全体的に3~5月のときよりも7月以降の業績悪化を懸念している結果となりました。<下図参照>

令和2年7月以降の業績について(新型コロナウイルス感染症による会員企業への影響等に関する調査報告)

第2波・第3波の影響に向けた対策について

すべての業種で、「衛生用品の備蓄」と「ソーシャルディスタンスの確保」の回答が上位を占めており、感染拡大防止に向けた基本的な対応はとれているようです。
全体では、「衛生用品の備蓄」が約27%、「ソーシャルディスタンスの確保」が18%となりました。
次いで多かったのは「イベント・懇親会の禁止」約10%で、コロナウイルスが終息しない限り、飲食業等にとっては厳しい状況が続きそうです。
また、新しい働き方への取り組みについては、全体で「テレワーク(在宅勤務)」は約4%、「会議のオンライン化」は約6%にとどまり、業種別で10%を超えたのは、卸売業の「会議のオンライン化」約13%のみでした。

今後必要な支援策について

全体では、「税制の優遇措置」約26%、「無利子・低利子などの資金繰り支援」約22%、「専門家によるアドバイス支援(経営相談・補助金等支援)」約14%が上位を占め、3項目合計で6割を超える数値となり、先行きを見据えての支援策が必要となっています。
給付金や支援金等は一定の目途がつきましたが、今後予想される第2波・第3波による活動自粛等によっては再度収入減になる恐れもあり、資金繰り支援を望む意見が目立ちました。
一方で、売上増加を目指すべく「取引先紹介や販路開拓」を望む声もあり、商工会議所では専門家を活用した事業を今後予定しています。

その他、企業から寄せられたおもな意見・要望

  • 仕事が全くなく、県・市・商工会議所の補助金支援を全力でお願いします。
  • 緊急事態宣言後、急に来店客数が激減。今後が心配。専門家をお願いしたい。
  •  現状コロナによる影響は少ないが、長い期間による受注減については予測がつかない。1、2年後の業績について不安がある。しかし、同時に雇用の拡大も進めていかなければならない。
  •  製造の中でも、当社の工場用設備機器関連の部品製造はこれから本格的な落ち込みが始まる。今年度第1四半期の営業活動が全くできていないため、第2四半期は最悪の受注状態になる。
  •  持続化給付金の要件、売上減少率を30~40%程度にしてもらうと申請ができる。要件を緩和してほしい。

 

新型コロナウイルス感染症により、市内企業の事業活動に多大な影響が出ています。
一旦は終息に向かう兆しが見えて緊急事態宣言も解除になりましたが、その後徐々に感染者数が増加し、第2波への懸念が再燃しつつあります。
製造業では、3~5月の売上は前期と比較すると減少傾向でしたが、7月以降はコロナ禍の影響で消費マインドが落ち込み、高額な商品(自動車)の購入を控えることが予測され、自動車関連業種の売上減少が加速するとの意見も聞かれました。
サービス業では、年内のイベント等が中止や延期となり、コロナの終息(出口)が見えない限り厳しい状況は続きそうです。
小売・飲食業では、緊急事態宣言解除後も客足は戻っておらず、ここにきての感染者の増加は今後の事業活動への影響が懸念されます。
一方で、新規取引先の紹介や、この難局を乗り越えるための専門家からの指導等、前向きな意見も多く寄せられ、テレワーク(在宅勤務)など新しい生活スタイルを取り入れる企業も出てきています。
商工会議所では、いただいたご意見を基に、企業目線に立った施策支援に取り組んでまいります。

-お知らせ, 新型コロナウイルス感染症対策
-

執筆者:

関連記事

平成28年5月24日(火)、上尾商工会議所と損害保険ジャパン日本興亜(株)は、産業振興に係る包括的業務連携に関する協定を締結しました

平成28年5月24日(火)、上尾商工会議所と損害保険ジャパン日本興亜(株)は、地域の課題に対応し魅力ある地域社会の形成と発展に寄与することを目的とした、産業振興に関する包括連携協定を締結しました。 締 …

簿記検定

新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染拡大に伴う簿記検定試験の対応について

『第154回簿記検定試験』についてのお知らせ 2020年2月23日(日)の『第154回簿記検定試験』につきましては、現時点では予定どおり実施することを前提としておりますが、今後、国内で新型コロナウイル …

第155回通常議員総会-1

平成28年6月27日(月)、「第155回通常議員総会」を開催しました

上尾商工会議所は、平成28年6月27日(月)、東武バンケットホール上尾で「第155回通常議員総会」を開催しました。 当日は、遠藤次朗上尾市副市長、田中守上尾市議会議長、富岡正雄埼玉県県央地域振興センタ …

2018サンクスフェスタ

【上尾商工会議所連合会】「2018サンクスフェスタ」が平成30年12月1日(金)~16日(日)の16日間開催されます

今年一年感謝のしるし 年末大売り出し『2018サンクスフェスタ』 上尾商店街連合会が主催する『2018サンクスフェスタ』が、平成30年12月1日(土)から16日(日)までの17日間、市内の13の商店街 …

ご存知ですか?『小規模事業者持続化補助金』

小規模事業者のほとんどは、経営資源が不足していることから全国にネットワークを持ち、地域に密着している商工会議所を活用しながら、地域の需要の変化に応じた持続的な経営に向けた取り組みを支援し、地域の原動力 …

カテゴリー

このサイトのRSS

会議所TOP このサイトのRSS