TOP > 共済制度 > 業務災害補償プラン

業務災害補償プラン


“新しい労災リスクにも対応”
「業務災害補償プラン」は、従来型の負傷方労災といわれる業務中のけが、および労働災害の責任が企業にあると法律上判断された (例えば、安全配慮義務違反を問われた)場合に発生する、損害賠償責任(賠償金など)にも対応する保険です。
近年増加傾向にある職場環境に起因する疾病型労災(精神疾患など)による死亡事故なども補償します。

制度の特長


制度の特長は下記のとおりです。

1 全国商工会議所のスケールメリットによるリーズナブルな掛け金です
  (通常の約半額の掛け金水準です)
2 労災賠償に備える「使用者賠償責任保険」の標準セット
3 政府労災保険の給付を待たず、保険金の支払いが可能
  ただし、政府労災保険への加入が必要となります
  (使用者賠償責任保険は、給付決定後の支払い)
4 契約は無記名式。短期労働者やパート・アルバイトも包括保障となります
5 掛け金は、業種と売上高で算出され、全額掛金参入も可能
  民事賠償金、訴訟費用もカバーいたします

このプランでは、業務上の事故による死亡・後遺障害・入院・手術・通院はもちろん、法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害もカバーいたします。 新しい企業責任(安全配慮義務違反などによる企業の法律上の賠償責任)に対応しています。

加えて、けがやうつ病などの精神障害による「過労自殺」、「過労死」が原因で労災認定され、法律上の企業責任が生じた場合の民事賠償金(慰謝料など)や訴訟費用(弁護士費用など) も対象となります。
▲TOP


加入しやすい保険料


保険料は、補償内容が同じ一般保険の半額程度に設定され、業種を問わず多くの事業主様にご加入しやすくなっています。

また、売上高を基に保険料を算出する仕組みであることから、加入に当たっては、従業員数を保険会社に通知する手間が掛りません。

役員を含め、全従業員が自動的に補償の対象となるため、中小・中堅や下請けを抱える企業(下請けについては、建設業のみ補償対象)などにとっても活用しやすい保険となっています。

保険期間および引受保険会社について


「業務災害補償プラン」は引受損害保険会社によって、保険料や補償内容が若干異なるところがあります。 本プランの保険期間は下表のとおりですが、中途加入が可能です(随時受付けています)。

引受保険会社名 商品名 保険期間 パンフレット
(PDF)
 (株)損害保険ジャパン  業務災害補償プラン 毎年10月1日午後4時

翌年10月1日午後4時
[ダウンロード]
 東京海上日動火災保険(株)  あんしんプロテクトW 毎年10月1日午後4時

翌年10月1日午後4時
[ダウンロード]
 日本興亜損害保険(株)  業務災害補償プラン 毎年4月1日午後4時

翌年4月1日午後4時
[ダウンロード]
 富士火災海上保険  みんなの労災ガード 毎年4月1日午後4時

翌年4月1日午後4時
[ダウンロード]
 三井住友海上火災保険(株)  業務災害補償プラン 毎年4月1日午後4時

翌年4月1日午後4時
[ダウンロード]

※日本商工会議所のホームページでも「業務災害補償プラン」の詳しい内容がご覧いただけます。
▲TOP

お問合せ


上尾商工会議所
[TEL] 048-773-3111 [FAX] 048-775-9090
▲TOP


関連Links

  • 中小企業基盤整備機構
  • 埼玉県火災共済協同組合
  • 商工会議所会員向け事業(日本商工会議所)
  • 厚生労働省
  • ▲TOP



    上尾商工会議所 建物外観上尾商工会議所
    〒362-8703 埼玉県上尾市二ツ宮750番地
    TEL:048-773-3111 FAX:048-775-9090
    ※迷惑メール対策のため、画像で表示しております


    地図はこちら(別窓で開きます)

    プライバシーポリシー   広報紙『あぴお』