[ 検索トップへもどる > ふるさと自慢 > その他 ]
ふるさと自慢
[このカテゴリの中から検索]

【2015年2月号】UDトラックス(株)・野瀬将正さん/兵庫県姫路市出身     [修正・削除]

姫路市は人口約53万人。“東の神戸、西の姫路”と並び称される播磨の中核都市です。
まちのシンボルは、国宝の姫路城。
1993年、法隆寺とともに日本で初めて世界文化遺産に登録されました。
◆取材協力
UDトラックス(株)
【住所】(本社・上尾工場)上尾市大字壱丁目1番地
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)10面参照。


【2015年1月号】(有)埼玉美工・五十嵐三夫さん/福島県石川町出身     [修正・削除]

福島県石川郡石川町は、県の中通り南部、阿武隈高地の西側にあります。
人口は約1万7000人ですが、歴史と伝統を誇る町。
東北屈指のラジウム温泉地として知れ、大小4つの温泉郷が点在します。
◆取材協力
(有)埼玉美工
【住所】伊奈町栄4-169
【TEL】048-723-2442
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)10面参照。


【2014年12月号】デジタル・パソコンクリニック(株)・山田淳二さん/大分県佐伯市出身     [修正・削除]

佐伯市(さいきし)は、大分県の南東部に位置する“九州で最大のまち”。
豊後水道に面したリアス式海岸に漁港として栄え、漁獲量はもちろん、魚介留守の種類の多さでも知られます。
観光名所としては、城山の「佐伯城跡」や毛利家の菩提寺・養賢寺、「茶室 汲心亭」や「国木田独歩館」などがあり、情緒あふれる街並みは、散策にピッタリとのこと。
◆取材協力
デジタル・パソコンクリニック(株)
【住所】(本社)上尾市日の出3-8-3-1-102
【TEL】048-673-4900
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)6面参照。


【2014年9月号】ペラペラ英会話 アダム・モスさん/アメリカ・イリノイ州 ブルーミントン市出身     [修正・削除]

イリノイ州ブルーミントン市のお話をうかがいました。 ブルーミントン市は、イリノイ州の中央部、州内一の大都会・シカゴ(北側)とセントルイス(南側・ミズーリ州)の真ん中に位置し、大都市を結ぶ交通の要衝となっています。
イリノイ州といえば、ブルースとジャズ、そしてプロスポーツのメッカであるシカゴが有名。北海道旭川市と姉妹都市にもなっているそうです。
◆取材協力
ペラペラ英会話 上尾駅前校
【住所】上尾市上町1-1-13 新宏ビル201
【TEL】048-526-0739
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)10面参照。


【2014年8月号】(株)アクション・徳山英夫さん/青森県弘前市出身     [修正・削除]

8月の東北は祭りの季節。
「弘前ねぷたまつり」についてのお話や、弘前城周辺で行われるお祭りなどについてのお話をご紹介いただきました。
春は「弘前さくらまつり」、秋は「弘前城菊と紅葉まつり」、冬は「弘前城雪燈籠まつり」が開催されるそうです。
◆取材協力
(株)アクション
【住所】さいたま市見沼区深作1-37-3
【TEL】048-685-1994
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)10面参照。


【2014年2月号】靴のクリーニング ウォッシューズ・遠藤聡さん/杉並区荻窪出身     [修正・削除]

JR中央線の中野から吉祥寺あたりは、交通も至便で「都内で住みたい街」として若者にも人気のエリアです。
映画『タンポポ』のセットのモデルとなったラーメン店や音楽評論家・大田黒元雄氏の屋敷跡地に造られた「大田黒公園」や荻窪1丁目から五日市街道の尾崎橋まで続く桜並木などの名所があります。
◆取材協力
靴のクリーニング「ウォッシューズ」
【住所】上尾市平塚1-118
【TEL】048-871-9619
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)6面参照。


【2013年12月号】(株)ベル・エポック・エスビー 伊藤礼子さん/岩手県八幡平市出身     [修正・削除]

岩手県八幡平市は盛岡市に隣接し、岩手・秋田・青森3県のほぼ中心にあります。
合併前の松尾村は『同胞 〜はらから〜』という映画の舞台になっています。実話をもとに脚本に書かれ、松尾村の青年団はじめ、 大勢の地元住人がエキストラで参加するなど、村を挙げての撮影が行われたそうですよ。
◆取材協力
生活雑貨ショツプ「ベル・エポック」
【住所】上尾市宮本町4-12
【TEL】048-777-4017
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)7面参照。


【2013年9月号】(株)安田建築設計事務所・安田憲二さん/北海道余市町出身     [修正・削除]

(株)安田建築設計事務所・安田憲二さんに、ふるさと・北海道余市町についてお話しいただきました。 余市町は、小樽市の西側、積丹半島の根本にあります。水に恵まれ、自然豊かなこの町を“ウイスキーづくりの理想郷”とし、1934年に余市蒸留所を建設したのが ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏。
また、宇宙飛行士・毛利衛さんゆかりの「余市宇宙記念館スペース童夢」も人気です。
◆取材協力
(株)安田建築設計事務所
【住所】上尾市宮本町15-1-302
【TEL】048-774-0806
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)10面参照。


【2013年1月号】(有)田崎電気商会・田崎正さん/新潟県東蒲原郡出身     [修正・削除]

新潟県の東部、福島県に隣接する阿賀町は、2005年4月、2町2村の合併によって新生しました。
町の中央を阿賀野川とその支流・常浪川が流れ、合流地点には切り立つ岩山・麒麟山が鎮座します。
◆取材協力
田崎電気商会
【住所】上尾市上尾村1216-2(東小学校そば)
【TEL】048-773-6570
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)7面参照。


【2012年12月号】Y.H.:経営システム研究所・松尾博昭さん/長崎県長崎市出身     [修正・削除]

九州の北西部にある長崎市は、鎖国時代に唯一海外に開かれていた異国情緒あふれる港町。
亀山社中、眼鏡橋、長崎新地中華街、大浦天主堂、グラバー園、出島、稲佐山からの夜景など、観光スポットは数えきれないくらい沢山あるとのこと。
◆取材協力
Y.H.経営システム研究所
【住所】上尾市小泉35-44
【FAX】048-725-5606
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年11月号】(株)ジェーシーエム・佐藤禎伸さん/北海道斜里町出身     [修正・削除]

名曲「知床旅情」に謳われた知床半島の付け根、斜里町(しゃりまち)は、2005年、知床半島が世界自然遺産に登録されてから俄然人気を集め、国内はもとより世界中に知らせるようになりました。
今では世界自然遺産の玄関口にふさわしく、駅名も「知床斜里駅」に名前を変え、街並みも美しく生まれ変わりました。
◆取材協力
(株)ジェーシーエム
【住所】上尾市本町3-3-2
【TEL】048-776-2662
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年8月号】阿久津縫製・阿久津清さん/福島県東白川郡鮫川村出身     [修正・削除]

福島県の南端・東白川郡の北東部にある山間地域。
空気がきれいで夜空もきれい!
「強滝(こわだき)」や「江竜田の滝」など、夏のレジャーに格好な名所がたくさんあります。
浅川町花火大会は、江戸時代から続く伝統行事で、一揆で処刑された農民を供養したのが始まりという説もあります。
◆取材協力
阿久津縫製
【住所】上尾市愛宕2-23-3 鈴蘭荘203
【TEL】048-775-3415
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年7月号】山忠わさび(株)・山崎秀夫さん/長野県信州新町出身     [修正・削除]

信州新町は、2010年1月1日から合併により長野市となりましたが、それまでは「上水内郡(かみみのちぐん)信州新町」という地名でした。
国道19号線沿いには、名物料理のジンギスカンが食べられる店も点在しています。

◆取材協力
山忠わさび(株)
【住所】上尾市平方453-1
【TEL】048-725-1036
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年6月号】スタジオ サウンドクルー・飯村ミヨさん/新潟県長岡市出身     [修正・削除]

ふるさと旧・栃尾市は2006年に長岡市へ合併編入。
栃尾名物といえば“あぶらげ”。
長さ20p・幅6p・暑さ3pもある大きな油揚げで、昔はこれがメインの食材でした。
越後の山沿いでは、昔から養蚕や機織りが盛んで、栃尾も“はたのまち”でした。
残り糸を利用して作られた“手かがりてまり(栃尾てまり)”は、色糸で模様を刺していく伝統工芸。
今では栃尾にしか残っていないそうです。
◆取材協力
スタジオサウンドクルー
【住所】上尾市西宮下4-229(堀井歯科すぐそば)
【TEL】048-773-8339
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年4月号】コバック上尾店・前波穀吏さん/神戸市北区出身     [修正・削除]

一番の自慢は神戸湾岸の風景。三宮や元町あたりの異国情緒たっぷりの風景は絶景です。ふるさとの味といえば、昔ながらの「そばめし」や「焼きご飯」も有名です。
前波さんは、17年前の阪神大震災もご経験なさっているそうです。
【住所】上尾市緑丘3-2-3
【TEL】0120-000-589
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年3月号】愛仁クリニック・大島正弘さん/宮崎県延岡市出身     [修正・削除]

延岡市は、宮崎県の北東端に位置し、北側から西へ九州山地が連なり、東側は日向灘(太平洋)に面しています。
夏目漱石の小説「坊ちゃん」では“うらなり君”が左遷される赴任地としても登場。
城山公園には若山牧水の歌碑もあるそうですよ。
◆取材協力
愛仁クリニック(上尾市医師会 会員)
【住所】上尾市上町1-8-11(上尾市立図書館の北側)
【TEL】048-771-0332(代)
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年2月号】(株)システム/山梨県甲府市出身     [修正・削除]

甲府市は、山梨県のほぼ中央。
いわずと知れた武田氏の領国統治の拠点。
信玄公ゆかりの地は市内随所にありますが、こどもの頃は「舞鶴城公園」に祖父に連れられよく行きました。
◆取材協力
(株)システム
【住所】上尾市領家1169-46
【TEL】048-781-9545
【URL】http://sistem.jp
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2012年1月号】(有)サイテック・大塚邦彦さん/群馬県高崎市出身     [修正・削除]

上毛かるたに「関東と信越をつなぐ高崎市」と詠まれたように、城下町として栄えた高崎市は昔から交通の要衝でした。
高崎市のシンボルといえば、百衣観音。
観音山は幼稚園や小学校の遠足地です。
◆取材協力
(有)サイテック
【住所】上尾市原新町3-39
【TEL】048-779-3400
【URL】http://www3.ocn.ne.jp/~sai-tech/
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2011年12月号】(有)ユタカ建築設計工房・福田豊一さん/島根県浜田市出身     [修正・削除]

東西に細長く延びる島根県。
東部は出雲地方、西部は石見(いわみ)地方と呼ばれます。
浜田市は石見地方の真ん中あたり。
近年では世界遺産に登録された石見銀山(大田市)が脚光を浴びましたが、郷土のシンボルといえるのは、やはり「石見神楽」でしょう。
◆取材協力
(有)ユタカ建築設計工房
【住所】上尾市西宮下1-6-2 辰味家ビル302
【TEL】048-637-0478
【URL】http://www.geocities.jp/u_utaka/
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。


【2011年11月号】酒処 美(み)・大韓民国・釜山広域市出身     [修正・削除]

韓国東部に位置する釜山(プサン)は、ソウルに次ぐ韓国第二の都市。
対馬海峡に面し、古くから日本へと続く交通の要衝でした。
大型貨物船や豪華客船が浮かぶ港湾風景は、神戸と似ています。
◆取材協力
韓国と日本の手料理 酒処 美(み)
【住所】上尾市上町1-1-13
【TEL】048-772-4243
【URL】http://www.apio-net.com/node/5861
※記事詳細は、タイトルリンク先(PDFファイル)参照。