アブセックNews!

<< June 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アブセッククラブ2006.06.29

※ アブセッククラブ ※

【6月29日】「話題」「水」と「塩」について・・・山崎修二さん
      ・第4木曜日 担当 樋口 豊    

山崎さん、10年ぐらい興味を持たれ、勉強されたそうです。
最近、「塩なし病」で入院されて、これは1度、纏めてみんなに知って貰い
たいとの思いもあり、研究成果を発表して頂きました。

塩は天日塩田製法による、マイクロミネラルやトレースミネラル等のミネラ
ルがバランス良く含まられた自然海塩がベストであることや、我々が摂取
したほうが良い塩と避けるべき塩について解りやすい解説がありました。
矢崎さんからは、塩水(ソル液)を使っての安全かつ美味しい食事をつくり、
いつまでも 若々しく元気で過ごすためのレシピが披露されました。
続いて、ミネラルウオーター(水)についての話となりました。
水も塩と同様で、水から生まれた人間にとって、水はいかに大切なものな
のかを教わり、正しいミネラルウオーターの飲み方や選び方を説明してい
ただきました。

塩や水は筋肉や心臓の機能維持にとって不可欠なミネラルであるナトリ
ウム、カルシュウムなどを補給するもであり、体内で、これらのバランスが
崩れた場合には、体がだるい、筋肉に力が入らない、筋肉がけいれん、
括約筋がゆるんだり、尿漏れを起こすこともあると聞き、思わず、ドキリと
しましたが、これからの老後生活に大変役立つ「生活の知恵」を教わりま
した。ありがとうございました。

A4が14ページもの資料が準備されました。いくつかあまっていますので、
ご入用の方はお申し出ください。差し上げることが出来ます。
- | -

「企業等OB人材活用事業」ベスト・アクション受賞記念例会の開催!

下記のとおり、受賞記念例会(公開)を行います。
ご参加をお待ち致しております。

【日  時】平成18年7月26日(水)
[記念例会]
 時 間:午後2時〜5時
 場 所:上尾市文化センター5階(小ホール)
     (上尾市上尾村750) ■地図
【次  第】
 ◇現状説明と今後の方針
 ◇活動事例発表
  ヽ萢兒業所 2例
  ∋抉膕餔 2例

【お問合せ】上尾商工会議所 業務支援センター
      TEL:048-773-2391 仙道・真浦    
- | -

『ベスト・アクション』表彰を受けました!

ベスト・アクション表彰状
アブセックはこの度(平成18年6月19日付)、地域経済の振興ならびに商工会議所の発展に多大な貢献をしたことにより、関東商工会議所連合会会長よりベスト・アクションとして表彰されました。
- | -

アブセッククラブ2006.06.20

※ アブセッククラブ ※

【6月20日】「話題」コンピュータ今昔・・・・・・木室進市さん
      ・第3火曜日 担当 定木直人 

【コンピュータのエキスパート】
木室さんのこの話は彼の半生の企業人生の生き様そのもので、それなりに説得力がありました。パンチカードシステムから始まった、計算事務機械化がIBMの巨大企業の登場とともに全世界にコンピュータ導入のブームを引き起こしました。
日本でも対抗するために国産化の大合唱が起こりました。
木室さんはその当時国産5,6社の大型コンピュータ業界追随参入の先兵となって頑張った口でした。
コンピュータ技術の発達はハードウェアの、特に半導体IC技術の進化によるものとプログラム作成のソフトウェア技術の発達により年々素晴らしい発展を遂げました。

木室さんの話は当時の我々の働きざまと重なって、それぞれにコンピュータ導入にかかわった記憶を思い起こさせて、皆さん熱心に拝聴しました。
この時期、いろいろなデータ処理システム開発に携わった木室さんとしては、もっと話したいことがあるようでしたが、時間がなく打ち切りにしましたが、またこの次にさらに面白い話をを頼みましょう。

【15時〜16時:竹とんぼクラブ】
話題のときよりも人数が増えて両方に関わった私としてはこちらのほうが多くなって大変喜んでおります。
秋の工業フェアに向けて竹とんぼを沢山作り腕も製品も準備して子供たちと一緒に遊びましょう。
それにしても竹とんぼを作るときの皆さんの嬉しそうな顔は素晴らしい。
チャンピオン大会もそうでしたがこどもよりも大人の方が嬉しそうですよ。
(リーダー:木室 進市記)
- | -

アブセッククラブ2006.06.15

※ アブセッククラブ ※

【6月15日】「話題」チェスの楽しみ・・・・・・・定木直人さん
      ・第2木曜日 担当 矢崎仁一 

「チェス」とはどのようなゲームか!!

定木さんの指導により、聞きなれない駒の名前、
基本的な駒の動かし方、ルールを教わりました。
対局して、勝つと1点、負けるとー1点と計算して、
最初に400から600点を持って、2700点で世界チャンピオン、
2400点で日本チャンピオンだそうです。

続いて、一手詰めのの問題を全員で、アーダ、コーダと
考えながら答えを出し合って、楽しく過ごしました。

小学生のチェス指導員になろうと頑張りましたが、
1回の受講では、無理なようです。
指導員にならなくても頭を使うので、老化防止には有効な
ゲームですから、少し勉強しても面白いのではと思いました。
- | -

アブセッククラブ2006.06.06

※ アブセッククラブ ※

【6月6日】「話題」盆栽への思い込み・・・・・・永井英男さん
      ・第1火曜日 担当 岩見田 糺 

部下の指導、人材育成という点で悩みを抱えていた頃でもあり、そんな時に大宮の盆栽村を訪れ、盆栽の素晴らしさに感動したことが盆栽を始める動機になったとのこと。
立派な樹形に仕上げる忍耐力は人材育成の面と共通するものがあると感じたという。
今では大小合わせて 150鉢の盆栽が氏の庭を賑わしているとのこと。
「盆栽の樹形」、「盆栽の楽しみ方」、「盆栽の育て方」と一般的なこと
を一通り説明された後、「盆栽と人材育成の共通点」という話に入っていった。
素材と人材(千差万別)、樹形と人格(長所、短所の判断)、
植替えと教育(春、秋時期とタイミング)、剪定と指導(忍耐と努力による矯正)、将来のあるべき姿(希望と期待、目標、方針)など、盆栽への思い込みがひしひしと伝わってくる興味深いお話であった。

※ 竹とんぼクラブ 発会式のご報告です  ※

6月6日アブセッククラブで永井さんの「盆栽への思い込み」に続いて15時から竹とんぼクラブの発会式を行いました。

 ・日時:2006.06.06 15:00−16:00
 ・場所:上尾ものつくり協同組合・アブセッククラブ
 ・参加者:17名
 ・会議:15分
 ・リーダーの選定 :木室 進市
  サブリーダーの選定:樋口 豊
   今後準備の都合等あり更に数人追加予定
  運営方針・第1火曜、第3火曜15時〜アブセッククラブにて定例会
 ・春秋の定例イベント参加決定。
 ・他に2回ほど企画主催とする。
 ・その他どこ竹リーダー会との連携を考える。
 ・竹とんぼ作り:45分

17名が皆んな子供に帰ったみたいにはしゃいで、わいわいがやがや賑やかに竹とんぼ作りに励みました。まずまず皆さんしつかり作ってました。
一式持ちかえって家でもチャレンジ、あるいは竹の材料持ちかえる人もいました。

・羽根材として竹の寄付を募ったところ、上尾には結構竹林があり長さ9cm、径8〜12cmの竹筒換算で約40本ほど集まりました。
これは1年分たっぷりでしょう。嬉しい成果です。
今後の予定としては飛行距離、滞空時間、アート等お孫さんとの接触も含め沢山作り競い合いたいと思っています。

次回は6月20日15時から是非ご参加下さい。

竹とんぼクラブ.20060606-1

竹とんぼクラブ.20060606-2
- | -
1/1